痩せない原因と対策ルームTOP > ダイエットのやり方について > 産後に痩せないのはなぜ?

産後に痩せない理由と対策法

産後に痩せないという女性が、多いように思います。出産は、女性にとって人生の一大イベントです。妊娠して、長い期間、ずっと胎児をお腹の中で育ててきたわけです。そのあいだ、とても特別な体内環境になっています。

胎児に栄養を送るためには、お母さんが脂肪を蓄えなければならないので、妊娠中は、どうしても体脂肪率が増えます。脂肪が分解・燃焼しづらくなって、食事からの脂肪を最大限、摂り込もうとします。つまり飢餓状態のような状況が現出するのです。

妊娠中は、胎児をお腹に抱えているので、当然運動量が減少するでしょう。そうなると摂取カロリーばかりが増えてしまい、消費カロリーは激減してしまいます。そうすると、どうなるでしょうか?摂取カロリーのほうが多ければ、太るのは当然なのです。しかも前述したように、脂肪をため込みやすい状況ですので、ますます太りやすいといえるのです。

でも、出産してしまえば、こういった脂肪をため込みやすい状況は一変します。しかし、すぐに体質が変わるわけではありません。そのため産後に痩せない、ということになるのです。少しずつ運動で体を慣らしながら、有酸素運動などを始めてみてはいかがでしょうか?

マタニティー体操とかありますよね?妊娠中から、そういった努力をしていれば、それなりにカロリーを消費できるので、肥満を防止できます。

産後に痩せないという場合、妊娠中の食習慣が染み付いてしまい、それを出産後も継続している場合があります。これでは、どうしても摂取カロリー過多になるのは当然ですよね?もちろん母乳を与える必要がありますが、妊娠中とは、また食事メニューを変えたほうがよいのではないでしょうか?

産後に痩せないのは、ある意味仕方のないこととも言えます。なぜなら今も触れましたが、今度は母乳で育てる必要があるからです。妊娠から出産、産後しばらくは、連動しているのです。

産後に痩せないのは、骨盤が開いてしまっていることも関係しています。骨盤が開くと、内臓を支えきれずに下垂してきます。これが内臓を弱らせ、基礎代謝を下げるのです。また上から内臓が乗っかる形になるため、子宮や卵巣に負担がかかります。そうなると女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少する可能性もあります。骨盤矯正ダイエットを試してみると、よいかもしれませんね。

エストロゲンは、卵胞ホルモンといい、脂肪を分解してくれるダイエットの味方です。また抗ストレスホルモンでもあるので、ストレスに強くなります。生理(月経)のあとに、やせ期が来るのも、このエストロゲンのおかげです。

生理前や、妊娠中、産後に痩せない原因として、このエストロゲンが少なくなり、かわりに黄体ホルモンであるプロゲステロンが増えてくることも理由のひとつです。

いずれにしても、産後はホルモンバランスも乱れがちで、デリケートな時期。無理な食事制限や過激な運動は控え、少しずつ、かつてのボディラインを取り戻していきましょう。そうしないと、体が飢餓状態になってしまって、リバウンドを招く結果となるからです。