痩せない原因と対策ルームTOP > ダイエットのやり方について > 母乳で痩せないケースって?

母乳で痩せないのは、どうして?

母乳で痩せないで悩んでいる女性がいるようです。母乳を与えるためには、その元になる栄養をお母さんが摂取して、吸収しないといけません。そのため母乳をあげているから、ダイエットに有利だとはいえないと思いますが、どうでしょうか?むしろ、食べたものから脂肪として蓄えやすい時期ではないでしょうか?

妊娠中や生理前は、黄体ホルモンのプロゲステロンが優位になります。これは妊娠という一大イベントに備えて、脂肪をため込む必要があるからです。胎盤を通じて、胎児に栄養を送るためには、お母さんが脂肪を蓄える必要があるのです。そのために、太りやすい時期なのです。産後に痩せないのも、これが関係しています。

へその緒を通じて栄養を送るように、産後も母乳を通じて、わが子を育てなければなりません。そうなるとお母さんの体内環境は、むしろ太りやすくなっているわけです。母乳で痩せないのも当然といえないでしょうか?そして乳離れして、はじめてお母さんにやせ期がやってくるのです。

でも、なかには母乳を上げだして、痩せたという人もいます。しかし、すべての人がそうではないようです。もし、そうなら、産後に痩せないと悩む人もいないからです。

完全母乳の場合、授乳だけで消費するカロリーは700kcalほどに及ぶそうです。これだけを見れば、確かに相当な消費カロリーですが、脂肪を蓄えやすい体質になっていることも加味して、考える必要があります。

断乳して痩せたという人もいれば、かえって断乳して太ったという人もいます。母乳で痩せないケースは、本当に人それぞれです。結局は、ダイエットというのは、1日全体のカロリーの総決算なので、油断して食べ過ぎれば太ってしまいます。

これは別に出産と関係なく、普段でも一緒ではないでしょうか?食べ過ぎる人は太り、適度な食事と運動が習慣の人は、スリムでいられる。出産や母乳のせいにするのも、いけません。

母乳をあげたり、子育てをすること自体、多大なカロリーを消費します。背中におぶる人と、乳母車に乗せる人の消費カロリーは違ってきます。でも子供を持ち上げたりしていると、腕などに筋肉がつくので、基礎代謝は上がります。

子供と過ごす時間が増えると、どうしても外出する機会が減ったり、動く範囲も限られてしまいます。そうなると、必然的に消費カロリーは減ることになりますよね?できるだけ子供を乳母車に乗せて、散歩するなど、いろいろ体を動かす工夫をするとよいと思います。

あと家にいることが多いからといって、間食が多くなると、体脂肪がついて当然といえます。母乳で痩せない原因は、そういう時期だから、ある意味仕方ないと割り切るしかないのではないでしょうか?お母さんが栄養をつけないと、十分な栄養が母乳に含まれなくなります。そのため、自然と食欲が出てきて、間食を摂りがちになるものです。これが冬の季節だと、冬眠の原理が体内に働いて、より一層食欲がわいてくる場合があります。

こういったときは、スルメを噛んだり、ガムを噛んだりして、ヒスタミンを分泌させると、食欲を抑制できるのでオススメです。